ハードディスクの疑問にお答えします

最新情報

ハードディスクのインターフェイスの種類

ハードディスクのインターフェイスにはさまざまな規格があります。

IDE規格は、インターフェイスがパソコンに標準装備されています。
IDE規格のハードディスクは設定や接続が簡単というメリットがあります。

また、他の規格の同容量のハードディスクに比べ、最も安く購入できます。
そのため、初めてハードディスクを増設する人には向いていますが、パソコンに内蔵するタイプに限定されます。

SCSI規格はハードディスクを含めた周辺機器を数珠つなぎにすることが可能で、内蔵型、外付け型の両方のタイプがあります。

しかし、パソコンにSCSIボードと呼ばれる拡張ボードを新たに装着する必要がありますので、手間と費用がかかります。

USB規格は現在のほとんどのパソコンにUSBコネクタがついているほど、一般的な規格です。
この規格はパソコンの電源を入れたまま、装置の取り外しができることが特徴です。

ハードディスクもパソコン本体にケーブル1本で接続すれば、自動的に認識をし、すぐに使えるようになります。

USB接続で使う周辺機器は近年増加しています。ハードディスクのみならず、プリンタやスキャナ、マウスなど、ありとあらゆる周辺機器がUSBで接続できるようになっています。

IEEE1394規格はIEEE(米国電気電子技術者協会)で規格されたものです。
USBよりも新しい規格で、もともとハードディスクを接続するために作られた規格ではありません。
デジタルビデオカメラからパソコンにデータを転送するために作られたようです。

2012年9月11日|

カテゴリー:ハードディスクのしくみ

ハードディスクとドライブ

ハードディスクが使われ始めた当初は、1台のハードディスクをそのまま1つのドライブとして使っていました。

現在ではハードディスクの容量が大きくなった関係から、1つのハードディスクをパーティションで区切って使うことも多いようです。
そうすると、見かけ上複数のドライブに分割されていることになります。

ウィンドウズの画面から見てCドライブ、Dドライブという2つのドライブがあったとします。
それらは2台のハードディスクがあるとは限らす、1台のハードディスクを分割して使っていることもあります。
もちろん、2台のハードディスクがあるのかもしれません。
それらはドライブの表示を見ただけではわかりません。
どうすれば確認できるのでしょうか。

実際に接続されているハードディスクの台数を確認したいときは、画面中のコントロールパネルから確認することができます。

コントロールパネルの「パフォーマンスとメンテナンス」から「システム」を開きます。「ハードウェア」タブにある「デバイスマネージャ」をクリックします。

そして「ディスクドライブ」という項目を開くと接続されているハードディスクの名称一覧が確認できます。

ハードディスクの名称一覧で確認したところ1つのハードディスクを使用していたとします。
「マイコンピュータ」の表示ではCドライブ、Dドライブの2つドライブがあったとします。
そのような時は1つのハードディスクを分割して2つのドライブにして使用していることになります。

2012年8月17日|

カテゴリー:ハードディスクのしくみ

ハードディスクと振動・衝撃・結露

ハードディスクは非常に精密な機械です。

ハードディスク使用中のディスクと読み書き用ヘッドの間の隙間は、タバコの煙の粒子も入り込まないほどの狭い隙間となっています。

ハードディスク使用中はディスクが高速で回転しているため、読み書き用ヘッドとディスクが接触すると、ディスク表面を削ってしまいます。
そうするとハードディスクが壊れてしまいます。

振動対策を施しているハードディスクもありますが、それでも確実な対策かというと、そうではないようです。
パソコン自体、精密な機械ですので振動や衝撃を避けるべきであるのは言うまでもありません。
パソコンが壊れただけであれば、ハードディスクを取り出せば、データを失うことはありません。

しかし、パソコンを構成する部品の中で振動や衝撃に一番弱いのがハードディスクと言われています。
そのため、パソコンに振動や衝撃を与えた場合、最初に壊れてしまう可能性が一番高いのがハードディスクです。
振動や衝撃で壊れてしまったハードディスクは修復のしようがありません。
また、そのハードディスクから大切なデータを取り出すことは難しいことでもあります。

また、冬の寒い時期に問題となるのが結露です。
ハードディスクを屋外の非常に寒いところから室内に移動させると、温度が上昇するに伴ってハードディスクの内部に結露が生じる可能性があります。
このまま起動したりするとハードディスクは壊れてしまいます。
数時間は室内に静置して室温に慣らしてから接続したほうがよいうでしょう。

2012年7月 2日|

カテゴリー:ハードディスクのしくみ

ハードディスクのインターフェイス

インターフェイスとはデータの転送方式の規格ことを指します。

機材同士を接続しようとしたときのコネクタの形状や電気信号の形式などを定めているものです。
データの転送には、コンピュータ内部のデータ伝送やコンピュータと周辺機器のデータ伝送、コンピュータ間の通信などがあります。
これらの用途に合わせて様々なインターフェイスが存在します。

インターフェイスとは二つのものの間に立って情報のやり取りを仲介するもの、といったところでしょうか。

ハードディスクをパソコンに接続しようとしたとき、その接続方法にはさまざまな規格があります。
ハードディスクを選定するには、どの規格で接続するのかを考えて選ぶ必要があります。

ハードディスクはパソコンと接続するため接続規格によって、4種類に分類されます。
ハードディスクのインターフェイスには、「IDE」、「SCSI」、「USB」、「IEEE1394」があります。
それぞれ「アイディーイー」、「スカジー」、「ユーエスビー」、「アイトリプルイー・イチサンキューヨン」と読みます。

新しくハードディスクを購入する際にはこれらの中から選んでいきます。
それぞれのインターフェイスにはメリットもあればデメリットもあります。
各規格の特徴をよく踏まえた上でハードディスクを選定していきます。

ハードディスクの増設は内蔵型か外付け型か、予算はどれくらいか、転送速度はどれくらい欲しいのか、などをあらかじめ決めておく必要があります。

2012年6月28日|

カテゴリー:ハードディスクのしくみ

ハードディスクの修理業者の選び方

ハードディスクが故障した場合、修理業者に修理してもらうことになります。

ハードディスクの修理業者に関してインターネットで調べると沢山の業者さんがいることがわかります。

出来るだけ費用を安く抑えたいし、ハードディスク内のデータも失いたくありません。

そこで、どのような修理業者を選んだらよいのか、ということになります。

その業者さんが請求してくる費用が「成功報酬」かどうか、ということが重要です。
当然のことですが、費用がかかったのにハードディスクは直らない、データは戻らない、ではどうしようもありません。

そのため、「成功報酬」型の業者さんを選んだ方が良いでしょう。

ハードディスクの修理に関して見積もりをとることがあります。

ここでも見積もりが「有料」か「無料」であるのか、よく確認したほうが良いでしょう。
「成功報酬」型の業者さんは、見積もりも無料で行ってくれることが多いようです。

そして情報漏えいに関しても重要なポイントになってきます。
データを復旧したいと考える場合、そのデータの多くは大変重要で機密であることが多いと思います。
また、個人情報に関わることも少なくないと思います。
復旧されたデータがその後でどのように処理されるのかを確認しておいたほうが良いでしょう。

修理期間も確認しておいたほうがよさそうです。
ハードディスク内に入っているデータが、期日や納期が迫った仕事で使用する場合、時間がありません。
どのくらいの期間で修理が可能か確認しておいた方が良いと思います。

2012年6月26日|

カテゴリー:ハードディスクの故障

ネットワークドライブ

パソコンのデータを保存する際に最も利用頻度が高いものは、ハードディスクとなるでしょう。
ハードディスクが付属していないパソコンというのは、殆ど無いからです。

ですが、職場などにおいては、複数のパソコンで同じファイルを使用したいという場合もあるでしょう。

このような場合には、ネットワーク接続型のハードディスクを購入すると便利でしょう。

LANに接続されたハードディスクというのは、自分のパソコンにあるわけではないのですが、自分のパソコンのハードディスクと同様に使用するということが可能となります。

ネットワーク上のハードディスクにデータの原本を置き、自分のパソコンのデスクトップに修正版のデータを作成すると、原本を間違って上書きしてしまうという失敗もなくなるでしょう。

さらに、バックアップする必要があるデータを全てネットワークドライブにいれておくことで、バックアップ作業を一元化することが可能になるでしょう。

家庭内においても、複数台のパソコンをLAN接続しているのであれば、このようなネットワークドライブの購入を検討しても良いでしょう。

近年のネットワークドライブは大容量で、安価に出まわっています。
5万円以下でも十分に大容量なものが手に入るようです。
ネットワークドライブのショートカットをデスクトップに作成しておくと便利でしょう。

それでは、その方法について紹介しておきましょう。
「ネットワークコンピュータ」を開きます。
その中に、LAN接続されたハードディスクがありますので、それを選択します。
それを開き、中のフォルダを選択します。
マウスの右クリックをしたまま、デスクトップにドラッグします。
マウスの右クリックボタンを離して、「ショートカットの作成」をクリックすると、デスクトップ上にショートカットが作成されます。

2012年6月21日|

カテゴリー:ハードディスクのメンテナンス

別のハードディスクを接続する

通常のパソコンには、ハードディスクが一つだけついています。

パソコンによっては、複数のハードディスクを接続するということができるため、ハードディスクが故障した場合は、新たに接続することによって使用できる場合もあります。

複数のハードディスクがある場合については、Windowsが起動するハードディスクというのを指定するということができるようになっています。

ハードディスクを追加してそれにWindowsをインストールし、そのハードディスクから起動するということができるようになるというわけです。

その際、故障したハードディスクについては「D:」というような表示がされることが多いです。

Windowsが起動したあと、その「D:」が正常に表示されている場合については、故障の程度というのは、軽いと判断しても良いでしょう。

その場合は、まずはバックアップするために、「D:」に必要なデータをC:にコピーしておく必要があるでしょう。

故障の程度が軽いとはいえ、いつ読めなくなってしまうか分からないということがあるからです。
バックアップさえしてしまうと、壊れてしまっても安心しておけるということです。

「D:」として表示されないような状態になってしまった場合については、深刻な状態といえます。
それでも、ハードディスクが物理的に壊れているのか、もしくは単にデータが壊れているのかということを、判断するということはできません。

必要なファイルが存在しないということであれば、壊れたHDDにWindowsを再インストールしても、構わないでしょう。

再インストールすることにより、全く問題なく再使用できるということもよくあるそうです。
ハードディスクの故障というは、様々な現象や状態があります。

いずれの場合においても、必要なデータをしっかりバックアップしておくということが大切でしょう。
データさえ確保してしまえば、後はおちついて修理すれば良いのですから。

2012年6月20日|

カテゴリー:ハードディスクの故障

ファイルの保存先

エクセルやワードなどといったソフトを使う機会は多いのでしょうが、作成したファイルというのはパソコンのどこに保存されているかということを理解しておく必要はあるでしょう。

「最近使った項目」というところからファイルを開くということはできるのですが、沢山のファイルを開いてしまうと、必要なものが表示されなくなってしまうということがあります。
そんなとき、その時になって「あのファイルがどこにあったのかわからなくなってしまって」と無駄な時間を費やしてしまうという人が時々います。

ファイルを保存するときには、自分がどこにしまっているのかということを確認してから、「OK」をクリックするように日頃から癖を付けておきましょう。

本来、通常であれば「マイドキュメント」や「デスクトップ」が標準的に保存される場所として最初から設定されている事が多いのですが、ソフトウェアによっては、別の場所(Program Filesの中など)に保存されているという場合もあります。

さらに、複数の人々でパソコンを共用している場合は、保存場所を合わせておいた方が良いと思います。

ファイルの保存を行う際は、ファイルの内容によって分類し、分かりやすい名称をつけたフォルダの中に、まとめて入れておく必要があるでしょう。

このような作業というのは、パソコンに限ったことではないでしょう。
机の上の整理整頓と同じことだといえるでしょう。
机の整理ができない人というのは、パソコンのファイルの整理も中々できないのかもしれませんね。

パソコンの中がぐちゃぐちゃになっていると、一目で見渡すことが困難になってしまいますので、作業の効率が悪くなっていきます。

特に仕事としてやっているという場合であれば、真剣に考える必要があるかもしれません。
ファイルを整理整頓し、いつでも取り出せるようにしておく必要があるでしょう。
さらに、ショートカットというファイルもうまく活用することをおすすめします。

2012年6月19日|

カテゴリー:ハードディスクのメンテナンス

ファイルの整理

パソコンのハードディスクというのは、沢山のデータを格納しておくことができます。

ですが、何年も使っていると、それらのファイルやデータが沢山溜まってきてしまって、内容が分からなくなるということもよくあるでしょう。

パソコンのフォルダも現実のフォルダやファイルと同様に、整理整頓をしていかなければ、いざ必要となったときに、中々出てこないという状況に陥ります。

また、バックアップをする際にも、不必要なデータをバックアップしてしまったり、バックアップしたファイルから必要なデータを取り出すのも、面倒になるということもあるでしょう。

そのため、机の上を整理するような気持ちでパソコンに保存されたファイルの整理をしておく必要があるでしょう。

ファイルは関連した者同士を集めておき、フォルダにいれておきます。
フォルダが関連した者どうしであれば、そのフォルダもさらに上の階層のフォルダに入れていきます。

フォルダの階層設定というのは、殆ど無制限に行えるため、いくらでも深くできます。
実際に作業する際には、あまり深すぎると余計に混乱を招くため、せいぜい3階層から5階層くらいが賢明なのではないでしょうか?

ファイル名を変えた場合に、いつも同じ順番で並ぶように工夫するとより使いやすくなるということもあるでしょう。
ファイル名の頭に、数字で番号を割り振るということです。
名前で並び替えれば、いつも同じ順番になるというわけです。
その他にも、自分なりの工夫をしてみるということも良いでしょうね。

仕事でパソコンを使っているということであれば、職場全体で、ファイル名について規則を作っておくと、他の人が作成したフォルダでも、置き場所が分かるようになって、作業の効率化に役立つのではないでしょうか?

過去のデータというのは、頻繁に見るということはないのでしょうが、捨てるというわけにはいかないでしょう。

そのため、年度ごとに、一つのフォルダに入れておくというふうにするとより便利だと思います。

2012年6月18日|

カテゴリー:ハードディスクのメンテナンス

ハードディスクを修理する

最近のパソコンなどには、大容量のハードディスクドライブ(HDD)が付属しています。

沢山のデータがあったとしても、大部分の人にとっては、十分な容量でしょう。

そのような状況があるため、何でもかんでもハードディスクドライブに入れるという状況にあるのではないでしょうか?

しかし、ハードディスクは機械であるため、突然壊れてしまうということがあるのです。
ハードディスクの内部には、CDのような円盤が電源が入っている間は、常に回転しているところがあります。

そのため、回転が止まってしまったり、円盤に傷が入るということが可能性としてあるということです。

ハードディスクが壊れた場合には、メーカーに修理を依頼することはできるのですが、ハードディスクの中を開けて修理するということはできません。

新品のHDDへの交換という形になります。
新品との交換になりますので、勿論保存したデータというのは戻ってきません。
そのような事態になっても大丈夫なように、ハードディスクのバックアップをしておくということが大切なのです。

ハードディスクのバックアップというのは、無料のフリーソフトなどをはじめとして、沢山のソフトウェアが存在します。

使い方は人それぞれですので、自分に合ったものを用意すると良いでしょう。
壊れたハードディスク内部のデータを復活させるためのサービスも存在します。
ハードディスクが壊れたとはいえ、内部のデータの大部分は残っているため、中を開けることができれば、理論上は復活させられます。

ファイルの復活サービスについても、沢山の業者が行っています。
HDDをパソコン本体から取り外して、ハードディスクを送付すれば、DVD等に保存して送り返してくれます。

内容や費用などは、ハードディスクの容量などにより異なってくるのですが、2万円から20万円くらいの幅があると考えた方が良いでしょう。


2012年6月12日|

カテゴリー:ハードディスクのメンテナンス