ハードディスクのデータの消去

ハードディスクのデータの消去

パソコンには、実に様々なデータを保存することになるでしょう。
業務の内容によっては、個人情報などを保存するということもあるのではないでしょうか。

パソコンを廃棄する場合には、それらのデータというのを、確実に消去しなければならないでしょう。
ですが、単にWindows上のファイルを削除しただけでは、実はファイルのデータを消去したということにはならないのです。

それらは表面的に見えなくなっているだけということです。
それらを利用して、データの復元を試みるためのソフトというのが、ファイル復活ソフトなのです。
そのため、データを確実に消去するためには、別なデータで上書きしてしまう必要があります。
ファイル復活のためのソフトというのは、データ消去機能を持ったものも多々あります。ハードディスクが故障してしまい、修理する必要がある場合というのは、ソフトによる、ファイルの消去は行えないため、物理的にハードディスクを壊してしまうということが必要になってきます。

中の必要なファイルを取り出した後、ハードディスクを外して、ハンマーや金槌などで壊してしまうということです。
ハードディスクの内部にはCDのような円盤があるのですが、これに傷を付けてしまえば、読み出すことはほとんどできないと考えて良いと思います。
個人情報を取り扱っている業種の会社によっては、このような処置をやっているというところもあります。
近年の個人情報の漏洩に関する社会的な影響というのは、会社の存続を危うくしてしまうこともあるものですので、入念に対策を行っていても、やりすぎるということは無いと言えるでしょう。

パソコンは便利で、データのコピーなどが簡単にできてしまうため、その取扱についても慎重さが求められるということも理解しておく必要があるでしょう。 → 私がおすすめするデータ復旧業者さんはこちら

2011年9月12日|

カテゴリー:ハードディスクの故障