ネットワークドライブ

ネットワークドライブ

パソコンのデータを保存する際に最も利用頻度が高いものは、ハードディスクとなるでしょう。
ハードディスクが付属していないパソコンというのは、殆ど無いからです。

ですが、職場などにおいては、複数のパソコンで同じファイルを使用したいという場合もあるでしょう。

このような場合には、ネットワーク接続型のハードディスクを購入すると便利でしょう。

LANに接続されたハードディスクというのは、自分のパソコンにあるわけではないのですが、自分のパソコンのハードディスクと同様に使用するということが可能となります。

ネットワーク上のハードディスクにデータの原本を置き、自分のパソコンのデスクトップに修正版のデータを作成すると、原本を間違って上書きしてしまうという失敗もなくなるでしょう。

さらに、バックアップする必要があるデータを全てネットワークドライブにいれておくことで、バックアップ作業を一元化することが可能になるでしょう。

家庭内においても、複数台のパソコンをLAN接続しているのであれば、このようなネットワークドライブの購入を検討しても良いでしょう。

近年のネットワークドライブは大容量で、安価に出まわっています。
5万円以下でも十分に大容量なものが手に入るようです。
ネットワークドライブのショートカットをデスクトップに作成しておくと便利でしょう。

それでは、その方法について紹介しておきましょう。
「ネットワークコンピュータ」を開きます。
その中に、LAN接続されたハードディスクがありますので、それを選択します。
それを開き、中のフォルダを選択します。
マウスの右クリックをしたまま、デスクトップにドラッグします。
マウスの右クリックボタンを離して、「ショートカットの作成」をクリックすると、デスクトップ上にショートカットが作成されます。

2012年6月21日|

カテゴリー:ハードディスクのメンテナンス