ハードディスクとドライブ

ハードディスクとドライブ

ハードディスクが使われ始めた当初は、1台のハードディスクをそのまま1つのドライブとして使っていました。

現在ではハードディスクの容量が大きくなった関係から、1つのハードディスクをパーティションで区切って使うことも多いようです。
そうすると、見かけ上複数のドライブに分割されていることになります。

ウィンドウズの画面から見てCドライブ、Dドライブという2つのドライブがあったとします。
それらは2台のハードディスクがあるとは限らす、1台のハードディスクを分割して使っていることもあります。
もちろん、2台のハードディスクがあるのかもしれません。
それらはドライブの表示を見ただけではわかりません。
どうすれば確認できるのでしょうか。

実際に接続されているハードディスクの台数を確認したいときは、画面中のコントロールパネルから確認することができます。

コントロールパネルの「パフォーマンスとメンテナンス」から「システム」を開きます。「ハードウェア」タブにある「デバイスマネージャ」をクリックします。

そして「ディスクドライブ」という項目を開くと接続されているハードディスクの名称一覧が確認できます。

ハードディスクの名称一覧で確認したところ1つのハードディスクを使用していたとします。
「マイコンピュータ」の表示ではCドライブ、Dドライブの2つドライブがあったとします。
そのような時は1つのハードディスクを分割して2つのドライブにして使用していることになります。

2012年8月17日|

カテゴリー:ハードディスクのしくみ